そばの成分と効用

・そばの栄養成分
そばが健康に良いことは昔から知られていますが、近年、消費者の間でも食の健康や、安全性に対する関心が高まり、そばの持つ栄養的特長が、改めて注目されています。
蕎麦は主成分であるデンプン質のほかに、タンパク質やビタミンB群も豊富に含み、タンパク質はタンパク価が72以上で、白米と同等量以上の良質のタンパク質を含んでいます。また、食生活に欠かす事の出来ない必須アミノ酸であるリジン、トリプトファンを多く含み、つなぎである小麦粉にはメチオニンやシスチンを含むので、「そば切り」はタンパク質(必須アミノ酸)補給に優れています。この他、ビタミンB1、B2も多量に含み、「蕎麦がき」1人前(そば粉100g)でB1は成人1日当りの必要量の約40%を補給できます。
そば粉が栄養的にすぐれているのは、白米に比べ、ビタミン・ミネラル・ルチン・タンパク質・食物繊維などが豊富であるため、現代にマッチした健康食品として高く評価されています。
ビタミンB1はイライラを鎮め、肉体疲労、口内炎に、ルチンは高血圧の予防と改善、肌をイキイキとさせるコラーゲンの生成にかかわっています。食物繊維は便秘を解消させ、腸内にたまった有害物質を排泄する働きがあります。
毛細血管を強化して動脈硬化などの血管のトラブルを予防し、血圧を安定させる働きを持つ栄養成分はそばの実の中心部から外殻側につれ多くなっています。

・そばは長寿食
昔より蕎麦を常食とする山村には長寿が多いと言われています。
蕎麦には、ポリフェノールの一種で毛細血管壁を強化させ、高血圧・糖尿病・老人性痴呆症などに予防効果のあるルチンや、老化を防ぐビタミンEが多く含まれています。
ルチンは「白いそば」よりも黒い「田舎そば」(穀を取除いた丸抜きを甘皮もろとも挽き込んだ全層粉使用)により多く含まれています。蕎麦は便秘を予防する整腸作用のある食物繊維も白米の2.5倍、その他カルシュウム、カリウム、鉄等のミネラルやナイアシン(ビタミンB3:血液循環等に効果)、コリン(高血圧予防効果)も含んでいます。

・そばの栄養成分
蕎麦は主成分であるデンプン質のほかに、タンパク質やビタミンB群も豊富に含み、タンパク質はタンパク価が72以上で、白米と同等量以上の良質のタンパク質を含んでいます。また、食生活に欠かす事の出来ない必須アミノ酸であるリジン、トリプトファンを多く含み、つなぎである小麦粉にはメチオニンやシスチンを含むので、「そば切り」はタンパク質(必須アミノ酸)補給に優れています。この他、ビタミンB1、B2も多量に含み、「蕎麦がき」1人前(そば粉100g)でB1は成人1日当りの必要量の約40%を補給できます。尚、そばの栄養成分は実の中心部から外殻側につれ多くなっています。
 
・蕎麦はお腹にやさしい
そば粉のデンプンは他の穀類のデンプンよりもジアスターゼによる消化吸収が早く、水でも充分といわれる程に糊化温度が低い為、蕎麦を腹一杯食べても胃にもたれず、すぐに消化吸収される「お腹にやさしい」食べ物です。 ※「つなぎ」の小麦粉が少ない蕎麦ほど消化が良くなります。
 
・そば湯とお酒
また、ビタミンB1、B2、ルチン、ナイアシン、コリンは水溶性で、蕎麦のタンパク質の約半分も水溶性の為、蕎麦の栄養成分はそば湯に多量に含まれていますので、「そば湯」はお薦めの飲み物です。そば湯に含まれるナイアシン、コリンは肝臓を保護するとともに解毒作用を促し、アルコールの分解を早めます。このため、お酒を飲んだ後にそばを食べ、そば湯を飲むと悪酔いしないといわれ、昔、そば屋ではお酒のことを『そば前』と呼んでいました。